Singular Reviews

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日本のグランドデザイン」 〜中小企業診断士が明かす「株式会社日本」の課題とソリューション〜

<<   作成日時 : 2010/06/16 21:41   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

あなたは会社を経営した経験があるでしょうか?
その経験がある人もない人も、今回はこんな場面を想像してください。


『あなたは、とある世界的企業の経営者だ。20年前には、世界ナンバーツーの業績を挙げるに至り、トップになる日も近い、ともてはやされた。ところがその後経営不振に陥り、従業員の解雇や社債の発行でなんとか経営を維持している。従業員の質の高さやダントツの技術力、それらに裏打ちされて勝ち得た世界的なブランド力と顧客からの信頼、どれを取っても、未だあなたの会社の底力は衰えていない、とあなたは信じている。だが、どうしても経営がうまくいかない。どうすればいいのか……。

あなたはそこで、コンサルティングを依頼することにした。
依頼した先は、「株式会社 三橋貴明中小企業診断士事務所」。「中小企業」診断士、といえば、大企業は相手にしないように思われるが、この資格は日本で唯一のコンサルタントの公的資格でもある。もちろん、大企業の課題解決にも役立ってくれる。

さて、社長室で来客を待つあなたに、ノックの音が聞こえる。秘書が告げる。
「社長、お客様がいらっしゃいました」
秘書に続いて姿を現したのは、長身で朴訥な印象の男性だ。ベストセラーを量産する作家としても知られる彼だが、出会った印象は、さほど強くもない。だがあなたはすぐに息をのむことになる。促された彼がソファに座り、カバンから圧倒的な量のデータを取り出し始めた時に……。

彼は開口一番、こう告げる。
「社長、御社の今後の経営のための課題とソリューションは、ずばり、「成長」です」』


さて、もはや言うまでもないでしょう。あなたが経営する世界的企業とは、日本のことです。そして、社長とはほかならぬあなた、日本国民であり、それゆえこの国の主権者であり、したがってこの国の経営に最終的に責任を持つ、ほかならぬあなたです。

本書は、中小企業診断士の資格を持ち、多数の経済関係の著作を世に出してきた著者が、景気の低迷に喘ぐ「株式会社日本」の課題を、日本国家の財務諸表の分析から説き起こし、日本の強みを生かし、弱みをカバーして成長していくために何が必要を説いたものです。
業績不振に悩む会社員の方々、日本という国の今後を憂える公務員の方々、今後の経営の指針を得たい経営者の方々、この国の国民ならばすべての人に読んでほしいと、一読して私は思いました。
一読した後、彼の「日本の経営計画」に賛同するもよし、もっといい案があると思案するもよし、日本の今後について、この本をきっかけに深く考えるようになっていただければ、と思います。
なぜなら、この国の経営に最終的に責任を持つのは、政治家でもなければ官僚でもなく、結局は、私たち、日本国民一人ひとりなのですから。

非常にお勧めです。

(なお、この著者の前作「日本を変える5つの約束」を紹介するコンテンツがYou Tubeで公開されています。内容としては、本作と同様のものです。 ご参考まで。
 http://www.youtube.com/watch?v=QZAGti4oquw )


日本のグランドデザイン −世界一の潜在経済力を富に変える4つのステップ
講談社
三橋 貴明

ユーザレビュー:
菅さん,第一の方法が ...
日本に必要なのは具体 ...
成長こそがすべての解 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「日本のグランドデザイン」 〜中小企業診断士が明かす「株式会社日本」の課題とソリューション〜 Singular Reviews/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる